剣道防具[初心者・熟練者]それぞれにお勧めの通販サイト!

わかりやすさNo1の【剣道防具コム】と京都の剣道防具工房【源】

こんにちは、最新の “おすすめ情報” お伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、初心者熟練者に分けて、それぞれにお勧めの剣道防具通販サイトを、ご紹介させていただきます。

剣道の歴史

剣道は、日本で古来より伝わっていた剣術を、競技として発展させた武道です。

その起源は江戸時代にあります。

乱世の時代が終わり、平和な世の中で人を殺める剣術は、必然的に必要とされなくなりました。

そんな中現れたのが、直心影流の長沼四郎左衛門国郷が生み出したとされる「打ち込み稽古法」です。

打ち込み稽古法というのは、防具を身にまとい竹刀を使って打突し合うもので、剣道の源流とされています。

打ち込み稽古法は、太平の世で力を持て余した武士の間で瞬く間に広がりました。

明治維新により武士の身分が廃止され、帯刀が禁じられたことにより、剣術は次第に下火となっていきました。

多くの剣術家が失業し、困窮する中で生まれたのが、斬剣興行と呼ばれる「剣術見世物」です。

斬剣興行は物珍しさから人気が出て、全国各地に広まることとなりましたが、一過性のもので、次第に下火となっていったのです。


そして、剣道という言葉が初めて使われたのは、大正元年に制定された「大日本帝国剣道形」です。

それまで数多くあった流派を統合させ、竹刀を日本刀の代わりとする考えを生みだしたのです。

現在の武の道である剣道が生まれのは、この頃です。

そして、競技化されたのは大正13年のことです。

それまでの剣道は、剣術の流れに沿って個人戦のみで、個人の勝ち負けを決するものでしかありませんでした。

大正13年に開催された明治神宮体育大会にて、リーグ戦やトーナメント方式での優勝者が決められるようになり、そこから競技として確立されたと言われています。

当時においては、それはとっても画期的なことで、反対した剣術家も多かったようです。

しかし、現代の剣道が普及したのは、この競技としての変遷が大きなきっかけとなったと言っても過言ではありません。

そして、第二次世界大戦の開戦とともにあり方が変わって行きます。

戦中は、戦場での白兵戦の訓練として用いられ、一本勝負を推奨されてきました。

ところが、戦争が終わった戦後のGHQ占領下では、剣道は抑圧されるようになったのです。

組織的な活動が禁じられ、公では出来ないようになりました。

この頃発展したのが、撓競技という似て非なる競技だったのです。

昭和27年になると、サンフランシスコ講和条約により、GHQの占領下から解放され、全日本剣道連盟が結成されました。

昭和37年には中学校、翌38年には高校での必須正科として実施されるようになりました。

その後、世界各国にまで普及するようになり、昭和45年には国際剣道連盟が結成され、世界選手権も行われるようになりました。 今では老若男女問わず、幅広い年齢層で親しまれる武道として発展を遂げたのです。

剣道防具の基礎知識

剣道の防具は「面」「胴」「小手」「垂」の4種類に分けられます。

それぞれ以下の通りです。

1.面

剣道防具としての「面」は、頭、喉、肩など、頭部や顔周辺を保護するためのものです。

顔面を保護する面金と、喉を保護する突き垂、頭部と肩を保護する面布団からなります。

面金は金属製で縦金と横金が格子状になっており、突きが当たっても顔面に突き刺さらないようになっています。

横金の上から6本目と7本目の間(少年用では5本目と6本目の間)の位置は物見と呼ばれ、他の部分よりも間隔が広く取られています。

これは一般的に目の位置となり、視界確保ができるようになっています。

突き垂は、突きを正面から受けるため、非常に強固な造りとなっています。

その内側には、内垂れと呼ばれる部品が付いており、突きの衝撃を吸収できるようになっています。

面のサイズは、集中して剣道を行うために非常に重要です。

大きすぎるとうまく固定されず、小さすぎると大きな声を出せなくなってしまいます。

面を選ぶ際には、きちんと自身の顔のサイズを測った上で、最適なサイズのものを選ぶことが重要です。


2.胴

剣道防具としての「胴」は、胸から腹、腋下の胴体を保護するためのものです。

胸を保護する胴胸、腹を保護する胴台、脇腹を守る小胸、胴紐をつけるための胴乳革、胸乳革で出来ています。

胴台は竹刀からの打撃を受けるため、プラスティックや竹、ファイバーなど、比較的硬い素材が使用されています。

胴胸部分には突きを受ける場合があるため、硬い芯材を牛革で覆い、衝撃に強い構造となっています。

剣道上級者になると、この部分に刺繍などで飾ったりもします。


3.小手

剣道防具としての「小手」は、剣道において手から腕を保護するためのものです。

左右一対で使用します。

腕を保護するための小手布団と、拳部分を保護する小手頭、手のひら部分の手の内からなります。

小手布団と小手頭は竹刀を受けるため、鹿革や合成皮革など硬い素材を使用しています。

手の内は、竹刀を握りやすくするために薄い革が使用されています。

小手は竹刀さばきに非常に影響するため、自身の手のサイズに合ったものを選ぶと良いでしょう。


4.垂

剣道防具としての「垂」は、腰から局部を保護するためのものです。

腰に巻かれる垂帯、3枚の大垂、2枚の小垂からなります。

その他の防具と異なり直接的な打撃を受けないため、布など柔らかい素材を使用しています。

中央の大垂には、所属団体や氏名が書かれた名札をはめられるようになっています。

剣道では面を装着すると顔が見えなくなり、個人を識別しづらくなるため、大会などの個人識別のために利用されます。

初心者にお勧めの通販サイト【剣道防具コム】

『剣道防具コム』は、これから剣道を始める方など、値段もリーズナブルで、初心者に非常におすすめな通販サイトとなっています。

このサイトの “良さ” は以下の通りです。


1.コンシェルジュサービス

これから剣道を始めたいけど、何を用意すれば良いのかわからない……

色んな種類があるけど、どれが良いのかわからない……

このセットの詳しい内容を知りたい……

そんな購入時の疑問や悩みに、剣道経験者のスタッフが丁寧にサポートする、コンシェルジュサービスを行っています。

「お探しの商品を5分以内でご提案いたします」

それがモットーの本サービスは、とにかく迅速に的確にお客様の疑問を解消し、最適な商品を提案してくれます。

問い合わせはメールで簡単に行うことができ、電話では気が引けると言う方でも気軽に利用することが出来ます。


2.防具セット3年間保証付き

防具セット(面、胴、垂)については、購入後3年間無料で修理するサービスを行っています。

3年間という長い保証は、高い品質だからこそ出来るサービスではないでしょうか。

3年という保証は、、例えば中学校から始めて卒業まで保証が受けられます。

3年後には大きく体格が変わったり、経験を積むなどで、新たな防具を購入する必要があるため非常に効率が良い保証期間と言えます。


3.サイズ交換無料保証

通販で気になるのが、サイズが合うかどうかではないでしょうか。

特に剣道では、サイズがぴったり合っていないと本来の力が出せないものです。

『剣道防具コム』では商品到着後試着してみて、万が一サイズが合わなかった場合でも、無料で交換することが可能です。

手続きも電話をして、配送ドライバーに商品を渡すだけOKなんです。

初心者の場合、なかなか自身のサイズが正確にはわからないケースが多いですが、このサービスによって、非常に安心して防具を選ぶことが出来ます。


4.試着サービス

上記の通り「サイズ交換」を無料で行っていますが、「時間がないので1回で決めたい」という人のために試着サービスも行っています。

サイズ違いの数パターンを購入し、試着した後合わなかった防具を引き取ってくれるサービスを行っています。

これにより、通販ですが自分に合った防具を選ぶことが出来るようになっています。

なお、試着サービスはショップに相談が必要のため、しっかり確認の上ご利用ください。


5.万全なアフターフォロー

商品到着後、1週間以内に様子うかがいの連絡があります。

電話するほどじゃないけど、ちょっと気になる事がある……そんな時に最適です。

ほんの些細なことも、しっかり伝えましょう。

『剣道防具コム』は売りっぱなしではなく、きちんと顧客の目線にたったサービスがありがたいサイトになっています。

初心者にお勧めの通販サイト【剣道防具コム】はコチラへ


熟練者にお勧めの剣道防具通販サイト【源】


一方、熟練者にお勧めなのが剣道防具工房『源』です。

このサイトの “良さ” は以下の通りです。


1.豊富な品揃え

防具には稽古向き、試合向き、審査向きなど、使うべきシーンで最大限の力を発揮できる防具があります。

熟練者ともなると、それぞれのシーンに合わせて最適な防具を使いたいところです。

『源』ではそれぞれのシーンにあった防具が厳選して揃えてあります。

そのため、その時々のシーンや実力に合った最適な防具を選ぶことが出来ます。


2.非常に高い品質

『源』は、自社で防具の製造をしています。

その職人の多くは剣道有段者で構成されているんです。

有段者だからこそ知り得る細やかな感覚が、製品作りに活かされているのです。

また、時には実際に試してみて、製品が持つ弱点などを見極めています。

そんな『源』の製品ですので、熟練者も納得の品質に仕上がっているのが当然なのです。


3.実店舗で手にとって確かめることが出来る

『源』は通販がメインですが、京都西陣に本店を構えており、実際に製品を手にとって確かめることが可能です。

事前に連絡を入れることで、見たい商品などを用意することも可能です。

もちろん、連絡無しでの来店でも問題ありません。

オリジナル剣道具から、各メーカーの剣道具を200種類も用意されています。

実際に手にして身につけることで、自分に合った防具を選ぶことが出来るようにもなっています。


4.値段も安価で購入可能

前述の通り『源』では自社に工房を持ち、剣道具の製造を行っています。

製造から販売まで自社で行っているため中間マージンの必要がなく、高品質の製品を安価な値段で販売することが出来ているんです。

また、同じ志を持つメーカーとのコラボを行う事で、他社メーカーの高品質な製品を、比較的安価で購入することが可能になっています。


5.刺繍無料サービス

熟練者たるもの、刺繍も凝りたいところです。

『源』では、3文字まで刺繍を無料で行っています。

刺繍カラーは38色、2書体、袴刺繍は2サイズと幅広く取り行っています。

そのため、自身に合った刺繍を選ぶことが出来ます。

また、竹刀も3文字まで無料で名掘りすることが出来るようになっています。


6.安心のアフターサービス

もちろん、購入後のアフターサービスも充実しています。

長年使用して壊れてしまった……

身体に合わなくなったためサイズ調整したい……

『源』は工房を持っているので、そんな熟練者の要望にも対応可能です。

傷の補修、サイズの修正、防具の染め直しなど、使い続けることで出てくる要望に、迅速に対応してもらうことが出来ます。

また、『源』ではバイオクリーニングも行っています。

愛着のある防具を、清潔に使う事が出来ます。


熟練者にお勧めの剣道防具通販サイト【源】はコチラへ

まとめ

剣道を行うにあたり、防具選びは非常に重要な要素です。

初心者には初心者の、熟練者には熟練者に合ったものを選ぶことが重要です。

防具を購入するのにあたり、幅広い商品を安価な値段で購入出来る「通販」がお勧めです。

今回ご紹介させて頂いた剣道防具サイトは、以下の2店になりますので、どうぞご参考にしてください。


わかりやすさNo1の【剣道防具コム】

『剣道防具コム』は初心者や、これから始める人に非常に最適な通販サイトです。

小学生や中学生向けの入門セットもあり、セット価格でお得に購入もできるようになっています。

初心者にお勧めの通販サイト【剣道防具コム】はコチラへ



剣道具職人のいる京都の剣道防具工房【源】

熟練者に最適な通販サイトが『源』です。

『源』は自社に剣道具職人のいる工房を持ち、製品の製造から販売まで一貫して行っている通販サイトです。

その最大の特長が高品質の製品を安価で購入出来る点です。

熟練者にお勧めの剣道防具通販サイト【源】はコチラへ


■LINK■
  • 全日本剣道連盟
    全日本剣道連盟は日本の剣道界を統轄し代表する団体です。
  • 剣道面
    一級品である剣道の面が超激安、しかも無料でサイズ交換がしてもらえるサイト【剣道防具コム】をご紹介。